函館イルミネーション2017の花火の開催期間と点灯式を確認!

Sponsoerd Link

函館クリスマスファンタジーも注目!

はこだて冬フェスティバル開催期間中に迎えるクリスマス!

「はこだてクリスマスファンタジー」では赤レンガ倉庫前に飾られる
高さ約18mの大きなクリスマスツリーを中心に行われます。

このクリスマスツリーは函館と姉妹都市にある
カナダのハリファックス市から贈られるもので、
大きなもみの木に電飾し眩く光る様はとってもきれいです。

クリスマスファンタジー開催期間と点灯時間

2017年12月1日(金)〜12月25日(月)
この期間は毎日クリスマスツリーの点灯式が行われ、

・PM16:30〜(PM17:45まで点灯)
・PM18:00〜(PM24:00まで点灯)1日2回点灯式が行われます。

また、最終日の12月25日は日を跨いでAM2:00まで
ツリーは点灯しているので、
イベント後もゆっくりと眺める事ができます。

 毎日あがる!クリスマスファンタジーの花火と打ち上げ時間

2017年の函館イルミネーションの花火といえば、
このクリスマスファンタジーの花火!

期間中毎日花火があがるので、
1日見落としても毎日見れちゃう函館市民の方が羨ましいです。

花火があがるのは2回目の点灯式時間「PM18:00」
点灯と共に打ち上がる花火は連発してあがり、

時間はほんの1分半程度ですが、
クリスマスツリーの点灯をより感動と盛り上がりをアップさせます。

また、クリスマスファンタジー最終日の12月25日は、
PM18:00とPM20:00に花火があがります。

 函館イルミネーションツアー情報

旅行を兼ねてイルミネーションやクリスマスファンタジーを楽しむなら、
宿泊と移動含めたお得なツアーを要チェック。

新幹線ツアーと飛行機のツアーと、
今では選択肢が選べる函館旅行!

冬の北海道のイルミネーションスポット巡りとして、
函館以外に札幌・小樽とめぐる3泊4日などもあって、
めいっぱい北海道のイルミネーションを楽しめるツアーなどが組まれています。

例をあげると東京首都圏発のツアー料金相場は、
飛行機移動も新幹線移動もそれほど変わりはない様。

・函館・札幌・小樽を巡る地域を巡るツアーは、
飛行機利用で1人50,000〜100,000円前後。

・函館まで新幹線利用で3つを巡るツアーは、
65,000〜85,000円前後が相場。

・函館まで新幹線利用で函館・湯の川を巡るフリープランでは、
45,000円〜60,000円前後で復路は飛行機ともなると80,000円まで
幅が広がったりと色々です。

道内はJRもしくはバス移動が主で週末や特にクリスマス期間ともなると
お値段は高くなるのは致し方ない様です。

夜景バスツアーはある?

クリスマスファンタジー期間(12月1日〜12月25日)
毎日運行する夜景バスツアーはかなり魅力的

出来るだけ安く出かけるともなるとフリープランになりますが、
宿泊ホテルによっては夜景バスツアーで函館の夜の観光スポットを
巡るのも楽ちんかもしれませんね。

乗車は「新函館北斗駅」「函館駅前ターミナル」のいずれかで、
イベント期間中イルミネーションが灯された五稜郭や函館山ロープウェイ、
赤レンガ倉庫と巡った後に函館駅前バスターミナルか湯の川方面のホテルで
降りるといったコースです。

湯の川方面で降車する場合は、
各ホテルを要チェック!降車場所となるホテルに宿泊していなくても
その周辺ならば最寄の降車場所を確認しておきましょう。

気になる料金は乗り場によって少し違いがあり、

・函館駅前乗車:中学生以上3,600円/小学生2,200円
・新函館北斗駅乗車:中学生以上 3,900円/小学生 2,350円
※小学生未満無料(座席がないので保護者の膝の上になります)

まとめ

函館の冬を盛り上げるイルミネーションに加え、
クリスマスムードを盛り上げるクリスマスファンタジー!

イルミネーションは翌年2月までと長い期間行われますが、
クリスマスはもちろん期間限定。

とっても幻想的な雰囲気と函館の冬の雰囲気は
最高にマッチしていて「寒いから」と言わずに
ぜひ訪れていただきたい土地です。

行きやすくなった函館の街で、
ステキな冬を過ごしてみませんか?

Sponsoerd Link