ワイン好きさんが気になり始めるボジョレーヌーボーの2017年の解禁日!

好家の方ならご存知ですが、
最近ワインデビューしました!という方に、
ボジョレーヌーボーの解禁日やどんなワインなのか。

今回はボジョレーヌーボーについてや
目先を変えたイベント情報をご紹介します。

そもそもボジョレーヌーボーとは?

このワインは名前にもある上質ワインの産地の1つ、
フランスのブルゴーニュ地方にある「ボージョレ」という地域のお酒。

「ヌーボー=新しいもの」という意でこの地域で収穫される
「ガメイ」というぶどうで作られるのが特徴。

ベリー系の香りと甘味をもつぶどうのため、
渋みが少なくフルーティーで飲みやすいというもの。

本来ならワインは熟成させて味わい深くなるものですが、
ガメイ自体が熟成に適さない品種ということもあり、

完成が早くサッパリとした味の為日常的に飲めるワインなので、
ワイン初心者さんにおすすめです。

Sponsoerd Link

2017年の解禁日

毎年”11月の第3木曜日”

解禁日は「11月の第3木曜日」と定められています。

2度に渡る変更を経て今の解禁日に落ちついた訳で、
丁度ワインの完成と聖人「サン・マルタン(聖マルティヌス)」の日が
重なる事で初めは11月11日(収穫祭・日本でいう立冬みたいな日)

一般的にはこのサン・マルタンの日いわゆる聖人の日が
無名戦士の日に変わったとされた事からこの日に近い
11月15日(聖サン・タルベールの日)に移ったとか。

日本でも祝日が増えたり名前が変わったりとありますが、
さらにフランスは日曜日は多くのワインショップやレストランが
休みにあたるので売上げに響くってことで今の解禁日に落ちついた訳です。

ボジョレーヌーボーの解禁日の変更について見かける「無名戦士の日」とは
一体なんぞや?と調べてみたところ第一次大戦の休戦記念日でした。

2017年の解禁日は「11月16日」

2017年の解禁日は「11月16日(木)」
今や世界中でこの日はワイン好きさんがボジョレーヌーボーを
楽しむ日として認知されていると思います。

そもそも日本で爆発的に人気になったのも、
気軽に飲めるワインの存在を知って欲しいと
世界的にボジョレーヌーボーのイベントを仕掛けた
醸造家「ジョルジュ・デュブッフ」の功績。

思えばボジョレーヌーボーって安価ですよね!
そもそもテーブルワインだったという事もあったり、
敷居が高そうなお酒でしたがこの当たりから
ワインブームがジワジワ広がりを見せて来たのではないでしょうか。

日本では収穫祭というよりもイベントなので、
騒いで当然!飲食店やイベント開催があって当然って訳です。

◎ ボジョレーヌーボー未来解禁日

2018年11月15日
2019年11月14日
2020年11月19日
2021年11月18日
2022年11月17日

ボジョレーヌーボの評価・不作はあった?

その年によって評価(キャッチコピー)が違うボジョレーヌーボー
天候などで味がその時々で違いが出るのが面白いもの。

毎年ワインソムリエがその年の出来を評価してキャッチコピーを付けるので、
このキャッチコピーを見れば評価が解るというもの。

これがまたまたドストレートで、2012年は史上最悪という言葉が使われるほど
原料のぶどうが不作でキャッチコピーに使われてました。

評価は不作の年以外はよい出来が続き、
2003年・2009年・2011年・2014年・2015年は
特に出来がよかったことがわかるキャッチが付けられています。

2003年・・・100年に1度の出来・近年にないよい出来
2009年・・・過去50年でも素晴らしい出来
2011年・・・近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2014年・・・近年の当たり年である2008年と肩を並べるクオリティ
2015年・・・記憶に残る素晴らしい出来映え

ちなみに2016年は「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」

ワインソムリエも毎年同じか過去のワインと近年のワインの
違いがどう解ってこの評価なのかは定かではありませんが、
比較的味は安定してて品のいいワインであるということはわかります。

Sponsoerd Link

ボジョレーヌーボーの値段は?

ボジョレーヌーボーに評価であるキャッチコピーが付いていながら、
その値段はお店によってすごく開きがあると感じませんか?

まだ買った事がないという方なら、
今年はチェックして見てみましょう。

日本で販売されるボジョレーヌーボーの1本あたりの
価格相場はだいたい「2,000円前後」

ただ、中には1本1,500円や高いものでは4,000円前後、
いわば「ピンからキリ」です。

これにはぶどうの栽培方法から生産者の違い、
日本に届くまでの輸送方法と関税やなど諸々で違いが出るので価格幅が出てしまいます。

ボジョレーヌーボーの中でも最高級に入る
「ヴィラージュ・ヌーボー」も著者の自宅近所のコンビニでは
早割で1,400円程度で買えます。

そもそもフランスでは600円前後で買えるもので、
平均価格程度のものであれば十分なのでは?とも思いますし、
しかも本場フランスでは日本の様なお祭り騒ぎにはならず、

ワインとして楽しむものではなくて「ぶどうの出来映え」を
チェックするための試飲が目的のものなので、
手軽さ一番でもよい様に思います。

2017ボジョレーヌーボーイベント情報!

主要都市ではボジョレーヌーボー解禁に伴って、
様々なイベントを開催しますね!

ホテルや飲食店で行われるイベントに参加するのもいいですが、
ちょっと目先を変えた場所で行われるイベントにも注目。

そんなイベントを集めてみました!

Sponsoerd Link

車窓の眺めが最高「天浜線ワイン列車」(静岡県)

人気の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、
井伊直虎のゆかりの地として注目を浴びている
静岡県掛川から新所原まで続く天竜浜名湖鉄道(天浜線)。

解禁日から最も近い土曜日に行われる「天浜線ワイン列車」で
ボジョレーヌーボーを楽しむのはいかがでしょうか。

2時間程度のイベントですが、
のどかな秋を感じる車窓を眺めながら楽しむもので、
飲食の持込みも自由ですがおつまみ弁当が付きます。

昼と夕の二部に分かれそれぞれ発着に違いがあり、
昼は天竜二俣駅往復で夕は掛川往復のコース。

4,900円の参加費にはワインと天浜線1日フリーきっぷ代と
食事代が含まれているもの。

ワイワイ騒ぎながらのイベントもいいですが、
しっとり秋の景色を楽しみながら過ごす時間もなかなか
大人旅によさそうな気がしませんか?

☆イベント詳細
名称:天浜線ワイン列車
日時:2017年11月18日(土)
雨天時:雨天決行・荒天中止
時間:昼の部「天竜二俣駅発10:50」夕の部「掛川駅15:00」
申込:電話のみ053-925-2276/天竜浜名湖鉄道(9:00〜17:00)

セレブ気分を楽しむ「ボジョレーヌーボー解禁クルーズ」(神戸市)

ホテルや飲食店で楽しむのも面白いですが、
船上クルーズを楽しみながら解禁を祝うのもいいですね。

夜景がステキな神戸港の1時間半のナイトクルージングと、
ワインと美味しい料理を楽しむステキな時間はいかがでしょうか。

お値段はその年によって若干違いがある様ですが、
2016年は8,500円。

神戸北野の「近藤亭きっしゅや」のキッシュや、
同じく神戸の磯上の人気フレンチ「ラルドワーズ」の
フードボックスと楽しい船上ライブなどオシャレに祝いたい方におすすめです。

☆イベント詳細
名称:ボジョレーヌーボー解禁クルーズ
日時:2017年11月16日(木 )PM19:00〜20:30
会場:神戸パーティクルーズファンタジー号
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町7-1(中突堤中央ターミナル5番のりば)
雨天時:荒天欠航
申込:0120-370-764/神戸シーバス予約センター(9:00〜18:00)

身体いっぱいで楽しむ「ボジョレヌーボー風呂」(神奈川県)

温泉テーマパーク箱根小涌園ユネッサンでは、
ボジョレー解禁日から11月末までボジョレーを体一杯で楽しむ
「ボジョレーヌーボー風呂」が登場!

お風呂に入れられるボジョレーはアルコール摂取に値しない程なので、
お子さんも問題なく帰りの運転も問題ありません。

ただ、この期間はお風呂イベント以外にも、
解禁当日にはボジョレー試飲会もあるので、
宿泊と共に楽しむのが一番ですね。

ちなみに試飲会は1日2回、
AM10:00とPM13:30頃に開催されるので、
温泉で疲れを癒しながらのボジョレーもなかなかオツではないでしょうか。

☆イベント詳細
名称:ボージョレ・ヌーボー風呂 
日時:2017年11月16日(木)〜11月30日(木)
開場:箱根小涌園ユネッサン
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
申込:公式HPもしくは各旅行代理店

2つのコースで開催「近江鉄道ワイン電車2017」(滋賀県)

ボージョレー解禁から始まる近江鉄道のワイン電車!

ボージョレー+フランス&イタリアワイン編
開催期間2017年11月16日(木)〜11月25日(土)の間の
木・金・土曜(11月22日(水)運行)開催のワインイベントは、
近江牛ステーキサンドやハム盛り合わせなどオプションに付いて来る贅沢なイベント。

フランスとイタリアワインは6種楽しめ4,800円とリーズナブル!
ボージョレーイベントが終わった後は、

国産ワイン編(2017年11月30日(木)〜12月8日(金)の木・金・土)が始まり、
ワイン好きにはたまらない2つのコースを開催します。

いずれのイベントをそれぞれ楽しむのもオツなもの、
ぜひチェックしてみてください。

☆イベント詳細
名称:近江鉄道ワイン電車2017
日時:2017年11月16日(木)〜12月8日(金)
雨天時:雨天決行
時間:彦根駅発着と近江八幡発着あり
申込:0749-24-8103(平日10:00〜18:00/土15:00迄)他 乗車3日前予約

まとめ

ボージョレーヌーボーの解禁日は毎年微妙に日にちは違いますが、
第3木曜日と覚えておけばいいですね!

また、毎年評価が気になるところではありますが、
よほどワインが好きか勉強していて味の違いが解る人ではないと
あまり気にするほどではないかなとも正直思います。

渋みやえぐみの少ない軽い口当たりで楽しめる
ワインの解禁日ということでお家やお店、
イベントなどで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Sponsoerd Link