築地と聞けば誰しも思い浮かべるのは”美味しい物の聖地”
水揚げされた新鮮な魚貝類が集まるほか、
グルメを楽しめるスポットとしても人気ですよね。

そこで食欲の秋を大満喫するなら
2017年”築地秋まつり”を要チェック!

ここではお得な買物が出来るほかに、
七輪で楽しめるバーベキューがあるんです。

もちろん人気スポット故の「混雑」も否めませんが、
昨年の状況や口コミなど築地秋まつりの情報をご紹介します!

Sponsoerd Link

 築地秋まつり概要

日程:2017年10月14日(土)〜10月15日(日)
時間:AM9:00〜PM16:00(15日は15:00)
会場:市場橋公園特設会場
住所:東京都中央区築地4-15-2
アクセス:都営大江戸線築地市場駅より徒歩3分/都営浅草線 東銀座駅より徒歩4分/東京メトロ日比谷線築地駅より徒歩4分

築地秋まつりのみどころ

築地は場外で楽しむグルメも大変魅力ですが、
この日は東京中央区の古くから愛されている

名店グルメも楽しめるのがポイント!
2016年は以下の名店が出店していました。

◎ 築地場外市場の名店出店一覧

・築地 寿司清
・近江屋牛肉店
・登美粋&東印度カレー商会
・つきぢ松露
・鳥藤
・鳩屋海苔店

◎ 東京中央区の名店出店一覧
・玉ひで(親子丼)
・LA BETTOLA(シェフ落合 務氏)
・つきぢ田村(日本料理)
・銀座 篝(ラーメン店)
・小春軒(洋食)
・BROZERS’(ハンバーガー専門店)
・CELI SWEETS FACTORY(シュークリーム)
・松浪(お好み焼き)
・泰興楼(餃子)

他にも築地のお買い物がお得にできたり、
専門店による鰹節の削り方や卵焼きの焼き方、
包丁の研ぎ方や魚のさばき方といった体験教室も開催しています。

築地秋まつりにはチケットが必要!

なんとなくブラリと出かけて楽しめそうなお祭りですが、
会場内で買物をするなら「チケット」が必要なのはご存知でしょうか。

商品の購入以外に名店の飲食にも使用するので、
これをまずは手にする事が必要です。

11枚綴り1,000円(1チケット100円)なので、
100円分のおまけつきが嬉しいチケットは、
チケット購入専用ブースが設置されています。

場所はイベント入口近くの本部テント内なので、
とっても分りやすいのでご安心ください!

なお、チケットは2日間共通で使う事ができるので、
初日に使い切れなかった分は翌日持ち越しが可能です。

Sponsoerd Link

七輪で楽しめるバーベキュー情報

ただでさえ美味しいものが沢山集まる築地秋まつりですが、
市場橋駐車場の特設イベント会場ではイスとテーブルが用意されています。

そこで楽しめるのが「七輪」で焼くバーベキュー!
恒例となっていて七輪は1時間レンタル1,000円ですが、
加盟店で買ったレシート提示で「500円」

場内外で購入した新鮮な魚貝類や肉や野菜で
その場で楽しむ事が出来るってかなりオツですよね。

合わせて全国ご当地グルメやビールなども売っているので、
存分に「食」を楽しむことができます。

気になる混雑状況

築地秋まつりの動員数はおよそ5万人
人数を知るだけでもかなり混んでいる事間違いなしですね。

10月14日は市場見学も開いている日ということもあって、
より人が集まる傾向にあります。

何時頃なら空いているといった明確な情報もなく、
ただ開始時間から既に人がいっぱいいるという声が上がっています。

Sponsoerd Link

 築地秋まつりの口コミ

気になるスイーツもたくさん!

 

どうしても魚・肉・野菜のイメージが強いですが、スイーツ系も揃う秋まつり!
特に名店スイーツは食べておきたい一品ですね。

雨が降っても開催!並んででも食べたい

 


例えば余程の荒天ではない限り雨天決行!
チケット購入時は雨の日ちょっと大変ですが、
グループででかければそれもまた思い出になりますね。

人情も楽しもう!

 

混雑する築地秋まつりですが築地で働く人達の
温かく親しみやすさもまた魅力で楽しめるポイント。

「人っていいな」と感じられる人情を楽しむのも
また築地の楽しみ方の1つです。

まとめ

築地で行われる秋のおまつりはお腹いっぱいに
グルメが楽しめるほかいいものお手頃価格で買物が出来たり、
温かい人情に触れる事が出来るイベント。

人が多く集まる日ではありますが、
それもまた築地の秋の楽しみ方ではないでしょうか。

食欲の秋を満たす築地秋まつり、
ぜひお出かけしてみてください!

Sponsoerd Link