毎度イベントで大盛り上がりのディズニーランド!
秋のイベントといえば「ディズニーハロウィーン」

賑わっているのは毎度の事ですが、
ハロウィン時期の混雑具合を事前に知っておくと
心構え出来て気持ち的にちょっとラクですよね。

そこでディズニーハロウィーンの混雑予想と、
最も知って欲しい「混雑をリアルに知る方法」とあわせて、
秋のイベントに欠かせない「仮装」についてもご紹介します!

 

Sponsoerd Link

ディズニーハロウィーン混雑予想

今年のディズニーハロウィーンは、
2017年9月8日(金)〜10月31日(火)

東京リゾートは「3月・8月・10月」の3か月が
最も混み合うのはご存知ですか?

他に9月もシルバーウィークもあり、
大型連休の年にもなると混雑します。

なお2017年のシルバーウィークは、
9月16日(土)〜18日(月/敬老の日)=3連休
9月23日(土/秋分の日)〜24日(日)=2連休

これらの月や時期のおでかけは、
心して出向いた方がいいですね。

アトラクションの待ち時間は?

ディズニーハロウィーン時のアトラクションの待ち時間は、
意外にも特別混むという感じでもありません。

アトラクションはハロウィーン期間だからと
特別何かが変わる訳ではないので通年通りといった感じです。

シルバーウィーク時の混雑予想として、
アトラクションの平均待ち時間は「85分〜」が目安

特に3連休の「中日」が最も混み合い
連休最終日の方がやや待ち時間が短い傾向にあります。

人の動向として連休初日と終わりは
「ゆっくりしたい」と考える方向が強いことから、

・3連休なら真ん中の日
・2連休なら連休初日
・大型連休なら初日以降最終日前日

この日は混み合うといった予想になります。

「初日と最終日は空いてるんだ!」と言うわけではなく、
一般的な土日の待ち時間平均である「60〜80分」くらい
並ばなければならならいと考えておきましょう。

アトラクションの混雑回避は?

アトラクションにスムーズに乗りたい!

パレードよりもアトラクション派の方はパレードタイムが穴場!
著者も乗り物にめいっぱい乗りたい派。
意外とパレードの時間は並び時間がスムーズ。

ランドの「ハロウィーン・ポップンライブ」は昼のみ1日2回、
およそ45分間の開催

ディズニーシーでは「メディテレーニアンハーバー」
1日3回およそ25分間のパレード中が狙い目です。

Sponsoerd Link

リアルタイムで混雑・待ち時間を知りたい!

東京リゾート内のアトラクションの待ち時間を
いち早くキャッチしたいなら、
公式サイトからチェックしましょう!

東京ディズニーリゾートのモバイルサイト内に、
待ち時間や運営状況までリアルに確認出来る
ページがあるのでここは最低限知ってメリットあり。

ランドもシーもHPのTOPページにあるので、
お出かけ前にブックマークしておきましょう。

ディズニーハロウィーンの仮装


ディズニーハロウィーンでは、
ディズニーキャラクターにのみ仮装する事が必須。

ディズニーリゾートのキャストのコスチュームの仮装は
小学生以下はOKです。

今年は除外日がないので全期間で仮装することがOK!
ディズニーファンにとっては毎度力が入りそうです。

しかし、歩きづらい丈の長いドレスや
持込みできない長い棒(杖)や
ヘルメットや小道具といったものはNG。

口ひげを書いたりキズメイクやつけ鼻、
お面NGといった自分の顔がわからないもの。

全身タイツや下着や水着不可など
注意事項が細かく設定されています。

東京リゾート内で売っているキャラクターグッズの
付け耳や帽子などをうまく使って大好きなキャラクターカラーの服で
イメージ作る事が一般的の様です。

「リアルさ」を張り合うものではなく、
どちらかといえばキャラクターの雰囲気を
取り入れるくらいと考えると仮装しやすい感じがしますね。

Sponsoerd Link

着替える場所はあるの?

着替えスペースは用意されています!
男性用と女性用それぞれに分かれているのでご安心を。

◎ ディズニーランドの着替えスペース

東京ディズニーランドホテル横=男性
プロムナードギフト横=女性

◎ ディズニーシーの着替えスペース

ゲストパーキング側の建物内で男女分かれてます。

なお着替えスペースはオープン1時間前から利用でき、
22:00までの利用になります。

仕切りなどは無いので出来る限り家やホテルで支度をして
でかける方がおすすめです。

まとめ

ハロウィーン時期の混雑はシルバーウィークの
3連休中の真ん中が混み合う感じですが、
基本的にアトラクションの混雑は変わらないと考えて良さそうです。

多くはパレードに人が集中しやすいので、
「パレードよりもアトラクション!」な方には
パレードの時間をチェックしてアトラクションに並ぶのがお勧めです。

また、人気の仮装ですがリアリティを求めたくなりますが、
そうではなくキャラクターの雰囲気を大事にしながら
取り入れるといったものなので気を付けましょう。

Sponsoerd Link