北海道で楽しめる秋の行楽「ぶどう狩り」

中でも人気の大粒品種「巨峰」や巨峰の交配品種「ピオーネ」は、
なかなかぶどう狩りの品種として見かける事が少ないです。

「巨峰やピオーネどこかで食べられないかな」という方へ!
北海道内で楽しめるぶどう狩り情報に加えて、
ぶどう狩りに適したおすすめの時期と、
人気品種が楽しめる農園についてご紹介します。

Sponsoerd Link

北海道のぶどう狩りおすすめの時期は?

北海道のぶどうの時期は主に9月上旬〜10月下旬まで、
早生種ならば8月上旬頃から旬を迎えるといいます。

この時期がつまりおすすめの時期でありますが、
あまり10月後半にもなると初雪の時期にもなってくるので、

品種を問わず楽しむなら旬の始まりから10月半ば位迄が
ほどよい時期になりそうです。

巨峰とピオーネ何が違う?

高級ぶどう品種として名高い巨峰、
古くから贈り物にも選ばれているぶどうですね。

近年では見た目は巨峰に似ていて
大粒の品種「ピオーネ」も人気。

本来ピオーネは親が巨峰とカノンホールマスカット
という品種を交配して生まれた品種なのです。

その為巨峰の甘さに加えて、
マスカットが持つさわやかさを兼ね揃えています。

つまりピオーネは「巨峰の子ども」という違いがあります。

北海道の栽培に巨峰とピオーネが少ない理由

北海道で巨峰やピオーネを栽培している農園が
無いに等しいのが現実です。

しかし、少し目線をずらすと
巨峰の子である「交配品種」は楽しめたりします。

なぜこの2品種が無いのか?
それには北海道の短い夏が理由です。

巨峰は8月下旬〜9月下旬頃が最も旬ですが、
北海道の夏ではなかなか熟すのに気温が足りず、
栽培していない農園が殆どです。

とはいえ巨峰は難しくても子や孫といった品種
栽培されている農園があります。

中でも育ちの早い「極早生」「早生」の品種は
北海道内でも栽培されているので、
そうした農園をご紹介します。

巨峰系やピオーネが楽しめる農園

千田ぶどう園(由仁町)

小樽の隣りに位置する由仁町にある農園ですが、
意外と知られていない穴場スポット。

9月中旬~10月下旬にぶどうの収穫の時期を迎え、
巨峰の枝変わりであり巨峰と変わらない美味しさである
「紫玉(しぎょく)」があります。

他に巨峰の孫でピオーネの子である
「藤稔(ふじみのり)」や、

巨峰の交雑実生である白ぶどうの「白峰」
交配品種「多摩ゆたか」といった品種も栽培しています。

時期は9月中旬から10月下旬頃まで、
入園料は無料ですがもぎ取りした分に対して
1kg1,100円から量り売りとなっています。

食べ放題もあり、

・中学生以上1,100円、
・4歳以上小学生まで550円。

食べられる品種は時期により違いはありますが、
10種程度はある様です。

☆スポット情報
名称:千田ぶどう園
住所:北海道夕張郡由仁町山形407番地
電話:0123-26-8602/090-1388-2286
営業時間:10:00~16:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR函館本線由仁駅より車で約6分

タカシナ観光果樹園(壮瞥町)

巨峰の子「紫玉」「陽峰」を育てている農園、
洞爺湖や昭和新山・有珠山観光と一緒にいかがでしょうか。

巨峰よりも小振りでありながらも
そのボリュームと糖度は親譲りです。

こちらの農園、なんと!「ピオーネ」の栽培をしており、
巨峰の交配品種の時期は9月下旬頃です。

くだもの狩りは入場料込みで
・中学生以上880円、
・小学生680円
・3歳以上で480円 とリーズナブル。

園内では食べ放題ですが、
持ち帰りは別途料金となります。

☆スポット情報
名称:タカシナ観光果樹園
住所:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町362
電話:0142-66-2155
営業時間:10:00~16:00
開園時期:6月中旬〜11月中旬(ぶどうは8月下旬〜10月下旬頃)
定休日:期間中は無休
アクセス:JR室蘭本線 伊達紋別駅下より車で約20分

ほりぐち果樹園(壮瞥町)

ハウス栽培で多くの品種を育てていて、
巨峰系品種として紫玉や巨峰の実生同士から誕生した
「安芸クイーン」を栽培しています。

他にもピオーネを誕生させた井川氏が手がけた
「竜宝」という人気品種も注目です。

くだもの狩りは早期予約は即終了してしまう様ですが、
事前に確認してみるとよさそうです。

くだもの狩り料金は、
・中学生以上880円
・小学生680円
・3歳以上で480円

園内食べ放題で持ち帰りは別料金、
ハウスなので雨天も楽しめるのもポイントです。

☆スポット情報
名称:ほりぐち果樹園
住所:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町353番地
電話:0142-66-2014
営業時間:8:30~17:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR室蘭本線 伊達紋別駅下より車で約20分

Sponsoerd Link

まだある!北海道でぶどう狩りが出来る農園

さくらんぼ山観光農園(仁木町)

農園の多い仁木町の観光農園、
ぶどうの時期は道内では一般的な9月上旬から
10月下旬までポートランドやキャンベル、
ナイヤガラといった大粒品種を栽培しています。

ぶどう狩り料金は、
・中学生以上900円
・小学生700園
・3歳以上500円

食べ放題コースは2点以上楽しめて、
中学生以上1,100円
小学生900円、3歳以上600円。

ぶどう狩りのみ・食べ放題料金いずれも
入園料込みとなっています。

☆スポット情報
名称:さくらんぼ山観光農園
住所:北海道余市郡仁木町南町9-138
電話:0135-32-2285
営業時間:8:00~17:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR函館本線 仁木駅より車で約20分

山本観光果樹園(余市町)

山本観光果樹園ではぶどうの時期が
9月中旬〜11月上旬。

北海道では古くより育てられてきた「旅路(紅塩谷)」や、
バッファロー、ポートランド、ナイヤガラやスチューベンといった
やはり大粒品種を栽培しています。

同じ時期にはりんごや梨、栗といった
くだもの狩りが出来るのも魅力。

もぎ取り+食べ放題のコースは時間無制限
・中学生以上1,850円
・小学生1,630円
もぎ取りは2kg持ち帰り分も含まれています。

事前予約をするとジンギスカンも楽しめるので、
秋の行楽にもピッタリですよ!

☆スポット情報
名称:山本観光果樹園
住所:北海道余市郡余市町登町1102-5
電話:0135-23-6251
営業時間:9:00~17:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR函館本線 余市駅より車で5分

Sponsoerd Link

あさだ園(余市町)

余市はワインの街!
その為ぶどう栽培の農家さんが点在しています。

その中で余市ワイン工場向いにある農園あさだ園では
9月上旬〜10月下旬にぶどう狩りと一緒に
りんご狩りも楽しめる農園です。

楽しめる品種は旅路やキャンベル・ポートランド、
レッドナイヤやナイヤガラです。

時間無制限食べ放題あり、
・中学生以上600円
・小学生500円。

収穫時期が重なったりんごも
合わせてこの料金で楽しめます。

秋の風情をぶどうやりんごの棚の下で、
より楽しめる炭火焼でジンギスカン(要予約)もおすすめ!

有料で焼肉台の貸し出しもあるので持込みも可能です。

☆スポット情報
名称:あさだ園
住所:北海道余市郡余市町黒川町1299
電話:0135-23-3860
営業時間:8:00~17:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR函館本線 余市駅より徒歩20分

そうべつくだもの村(壮瞥町)

壮瞥町の果樹園を営む若い経営者が中心となって
生産、活動している観光農園。

四季折々のくだもの狩りが楽しめる点や、
雨の日でも楽しめるのも魅力です。

先にご紹介したタカシナ観光果樹園や、
ほりぐち果樹園もくだもの村の果樹園の1つです。

ぶどうの品種は基本、
北海道で育てられている品種ほか、
タカシナ観光果樹園の様に巨峰系品種など。

料金は一律しているので
・中学生以上880円、
・小学生680円
・3歳以上480円

☆スポット情報
名称:そうべつくだもの村
住所:北海道有珠郡壮瞥町字滝之町
電話:0142-66-2333(そうべつくだもの村事務局)
営業時間:9:00~17:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR室蘭本線 伊達紋別駅より道南バス「滝之町」下車徒歩約10分

観光農園原田園(仁木町)

9月上旬から10月中旬のぶどう狩り以外に併設している
「フルーツパーラー原田」も人気の原田園。

入園料のみでぶどう狩りと無制限の食べ放題
・中学生以上800円
・小学生 500円

持ち帰りは量り売りです。

☆スポット情報
名称:観光農園原田園
住所:北海道余市郡仁木町南町5-56
電話:0135-32-2280
営業時間:9:00~16:00
定休日:期間中は無休
アクセス:JR函館本線 仁木駅から車で約20分

まとめ

北海道では巨峰はぶどう狩りにありませんが、
その子や孫品種は一部で楽しむ事ができます。

品種にこだわらず楽しむなら、
仁木町か壮瞥町がメッカ!大粒品種の栽培が多いので
ぜひ秋の味覚・行楽としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

Sponsoerd Link