長島スパーランドのプールは基本お弁当の持込みNG!
こそっと持込みする方も多い様ですが、

食中毒の心配や荷物を減らしたいと思う方は、
やはりプール内で食べられるおすすめランチに注目します。

ナガスパはプールの数だけではなく、
食の数やおいしさも揃っています。

では!長島スパーランドのプールで楽しむ
おすすめランチ情報をおおくりいたします!

Sponsoerd Link

プール内で座って食べれるレストラン

ジャンボ海水プール内では、
座って食べる事が出来るレストランが3種類、
テイクアウトで休憩所で食べるスタイルのレストランが4種類
計7種類のレストランがあります。

それぞれスタイルに合わせて選ぶとよいですが、
どちらかといえばテイクアウト出来るレストランは
軽食系が多いのでさっと食べたい方におすすめです。

なお、プール内のレストランでの支払いは
全て「現金払い」です。

リピーター多「ビッグワンレストラン」

サーフィンプール横とビッグスライダーの間にある
ビッグワンレストランはリピーターが多いのが特徴的。

それというのもこうしたプールのメニューにしては珍しい
メニューの豊富さがポイントです。

一般的なラーメンやカレーはもちろんですが、
名古屋発祥の台湾ラーメン(800円)や、
エビ天きしめん(800円)ロコモコ等と行った
バラエティの豊かさが魅力です。

1食800〜1,350円程度とリーズナブルで、
プール内レストランであれど安定した美味しさを提供しています。

 メニュー豊か「サーフヒルレストラン」

サーフヒルスライダーの真下にあるレストランは
はじめにご紹介したビッグワンレストランと重なりますが、

ラーメン類の他名古屋名物どて煮丼(750円)や、
ロコモコとタコライスをドッキングしたメガタコバーグ(1,350円)
他肉うどんやカレーうどんなど取り揃えています。

生ビール(600円)で楽しむ事も出来るので、
よく晴れて暑い日の1杯にいかがでしょうか!

1食700円〜1,350円程度
こちらもリピーターの多いレストランです。

ちなみにソフトドリンクは200円〜
メニューによっては合わせても1,000円以内で収まります。

「シーサイドレストラン」で軽食を

シーサイドレストランはサーフィンプールに隣接していて、
ちょっと屋台の雰囲気も醸し出しているフードショップ。

とはいってもラーメンやカレー・焼きそば以外に、
プルコギ丼(750円)やチキンから揚げ(550円)
かき氷(300円)や生ビールと行った物が揃います。

種類としては少ないのですが手軽さがポイント!
1食300〜750円程度のものが揃います。

プール内でテイクアウト出来るレストラン

「トルネードレストラン」

休憩場で手軽に食べたいそんな時、
こちらのトルネードレストランはいかがでしょうか。

場所はブーメランツイストとトルネードスライダーの前に位置し、
軽食とスイーツを取り揃えています。

内容は揚げ物系が多いかな?と思うのですが、
スティックお好み焼き(300円)や焼きそば(500円)

ツブツブの見た目にも面白いアイス”ミニメルツ(300円)”
フランクフルトなどといった物やソフトドリンックを提供しています。

全体的にリーズナブルで1メニュー
300〜1,000円程度で楽しめます。

「ファミリーレストラン」

ジャンボ海水プールの真ん中にあってアクセスよい、
看板プールの「ジャパーン!(JAPAAAN)」前にある
ファミリーレストランもテイクアウトショップです。

「トルネードレストラン」と重なりますが、
こちらにはハンバーガーが2種(プレーン300円/照焼きチキン400円)
他同じくスイーツ系やフランクフルト等が揃います。

1食の価格も同じく、
300〜1,000円程度で楽しめます。

Sponsoerd Link

キッズの小腹を満たす「パークサイドレストラン」

小さなお子さんが楽しめる「スパキッズ」
キッズ達の小腹を満たせるテイクアウトならこちら。

人気は「アイスクレープ(250円)」
お子さんでも食べやすいスティック状で、
大人にももちろんおすすめです。

数量限定で焼きとうもろこし(500円)ほか、
焼きそばやロングカレーパン(350円)など揃っています。

ドリンク・かき氷なら「シーサイドショップ」

サーフィンプールの波打ち際に位置するショップは、
暑さを解消してくれる冷たいドリンクやかき氷のみのショップ。

プールで遊んでいても喉は乾きます!
適度な水分補給や冷たいものでクールダウンしましょう。

Sponsoerd Link

「外出証明印」で園内のレストランでランチを!

ジャンボ海水プール内のレストランではなく、
プールの外の園内にあるレストランで食事をすることも出来ます。

ただし「水着のまま」などでは入店出来ないので、
一度きちんと着替えてからとなるので手間はかかります。

しかし、丸1日平日の人が少ない時などは、
1度プールを出てランチを楽しむのもよさそうです。

その際には「外出証明印」をもらうことで、
プールの再入場が出来ます。

プール入場口で印をもらって、
帰りにはその証明印を見せて再入場になります。

プール敷地内ではタバコを吸えるエリアがないので、
喫煙者さんもこれで遊園地エリア内の喫煙所で
タバコを吸いに行く事ができます。

他にも遊園地もプールも満喫される方、
1dayパスポート利用の場合にいずれも「外出証明印」を
もらう事でどちらも出入りが出来る様になります。

プールからもほど近い園内のレストランをご紹介!
ちなみにプール外のレストランの殆どは
カード払いが可能なお店が揃ってます
※一部現金(食券)です。

お昼は優雅に「ホテル花水木」のレストラン

ホテル花水木は三重県有数の高級ホテルとして有名ですが、
ホテル内にある庭園レストラン「くすの木」でのランチは
「優雅なランチ」を求める方におすすめです。

水着のままで入店は出来ませんが、
一度プールを出たら遊園地内のキッズタウン裏にある
花水木専用ゲートから中へ入って、
エレベーターでくすの木がある1Fへと上がる事ができます。

ランチタイムはAM11:00〜14:00(L.O.13:30)
ホテルメニューなので園内のレストランよりは割高ですが、
和洋の定食やコース料理などが揃います。

定食は1食1,300円〜2,500円前後、
また夏以外の季節に登場する桑名名産
「蛤(はまぐり)」を使った名物料理も人気。

焼き蛤(3個1,600円)や磯辺揚げ(3個1,300円)、
その時期により特別メニューが登場します。

低アレルゲンメニューあり「キッズレストラン」

プールゲートを出て真っすぐキッズタウン内の
ちびっこ広場前にあるファミリー向けレストランは、
世代を問わず選べるメニューがあります。

お子様メニューは低アレルゲンメニューがあり、
主にプレートメニューとなります。

大人向けはカレーやパスタ、ハンバーグ、
鉄火丼やうどんといったものですが、
ボリュームはプール内よりもある感じ。

平均価格はおよそ1,000円前後、
スイーツ類はやはりプール内にはなかった
ケーキ類などもあるのでファミレスと同じ感覚で利用出来ます。

食もいいけど・・・浮き輪売ってない?

ランチなど食べ物を中心にご紹介してましたが、
浮き輪やスイムグッズを販売しているショップがあります。

スパキッズ前にある「スイムショップ」では、
水着やビーチサンダルなど販売しています。

クレジットカードも使えるので、
万が一浮き輪がパンクしちゃった!なんて時も
ここで購入すれば安心ですね。

まとめ

食べたいものの方向性や自分が今どこに居て一番近いか、
休憩室から最も近いところなどランチを楽しむ場所選びは
個人によって区々かもしれません。

そうとはいえこれだけショップがあれば
お腹を満たせるものは十分だと思います。

食中毒の心配もなくランチを食べて
プールで思う存分遊ぶなら、
プール内のレストランもぜひ検討してみてください!

Sponsoerd Link