日本では長島スパーランドに初登場した、
4Dスピンコースター「嵐-ARASHI」

座席が回転するスリリングな体験が楽しめる
ローラーコースターですが、

富士急ハイランドの「ええじゃないか」にそっくり!
この2つ、どんな違いがあるのでしょうか?

嵐とええじゃないかの違いや嵐に乗った感想、
さらに人気コースターを出来るだけ待ち時間を
時短するお得情報をご紹介します!

Sponsoerd Link

嵐とええじゃないかの違い

「4次元」や「4D」などが付くこれまでは滑走と回転、
ひねりといった動きの違いくらいだったコースターに、
座席に動き(回転)を付けたのがこのローラーコースター

・東の富士急「ええじゃないか」
・西のナガスパ「嵐」

どちらもも同じに見えますが、
「動きの違い」があります。

座席が前後に動くのは同じでありますが、
ええじゃないかは決った動きをするのに対し、
嵐は決まりがないので自由に座席が動く仕組み。

その動きは毎回乗る度に違うので、
「さっきこんな動きなかった!」
という面白さがあります。

Sponsoerd Link

嵐に乗った感想

 乗る場所で違う楽しさ

 

絶叫マシンではやはりGのかかりが強い「外側」が
よりスリリングさを感じられるという声が多いのですが、
動きが座席によって違う嵐はそれぞれの席で違いを楽しめそうです。

予測不可能な動きがヤバい

 

決った動きをしない嵐の回転は、
自分が今どうなってるのかわらかない!
だからこそヤバい面白さを体験出来そうです。

短時間で楽しめる迫力

<

嵐の最大化速度は「3.0G」
これは飛行機の離陸時の10倍とされています。

さらに乗車時間は「約1分」なので、
あっという間に過ぎますがこの1分で
最高の面白さが楽しめてしまいます。

嵐の待ち時間は?

嵐がオープンした初日の待ち時間は「60分」
春休みやGW、夏休みと特にお盆の時期は90分待ち
なんてこともあります。

何もないド平日なら待ち時間「ゼロ」という事もありますが、
混雑時期だけ優先的に乗れる”優先券”の存在を確認しましょう。

Sponsoerd Link

90分待ち→10待ちに?「乗車優先券」

長島スパーランドでは人気絶叫マシーンである

・嵐(ARASHI)
・アクロバット
・スチールドラゴン2000
・ホワイトサイクロン

この4つに限り「土・日・祝・混雑時」
「乗車優先券」という券が数量限定で発売されます。

ただし使えるのは「1アトラクション=1回限り」
他にパスポートもしくはのりもの券が必要です。

平日なら必要ありませんが、
一応「500円」で販売しているそうです。

混雑しそうな日に出かけた場合は1度でも乗りたい!
そんな時には活用してみるのも良さそうです。

◎ 乗車優先券購入場所※前売りなし

・嵐(ARASHI)→嵐乗り場前の券売機
・アクロバット→アクロバットカフェの券売機
・スチールドラゴン2000→フォトショップ売店
・ホワイトサイクロン→フォトショップ売店

長島スパーランドの嵐の事故とは?

嵐がオープンしてから翌月、
2017年4月に「嵐の事故」として取り上げられましたが、
その原因は「緊急停止」によるもの。

状況は突然の停止で乗客が宙づり状態で停まり、
およそ15分程度で自動的に動いて
無事に降りる事ができています。

実際にこの現場にいた方の恐怖は相当なものですが、
逆に未然に大きな事故になる前にきちんと安全装置が作動して
停まった事であるので事故という言葉で片付けるのは違う様な。

これが作動せずにそのまま動いていたらと考える方が
逆に大惨事になって大事になっていたと思われます。

まとめ

嵐の動きは予想不可能!感想でも
「三半規管がめちゃくちゃ」なんて声もありましたが、
それほど激しく動くのでこれまでの絶叫マシーンとは
ひと味違う面白さがある事は待ちがいなさそうですね。

そして待ち時間無しで乗れる
優先乗車券の利用もおすすめ!

「来たのに1度も乗れなかった」と嘆く前に、
うまく利用してみてください。

また、安全点検で運休している時もありますが、
公式ホームページで情報確認ができるので、
行く前にぜひチェックしておきましょう。

Sponsoerd Link