どうしても日焼をしたくない場合や、
ちょっと肌寒そうな日のプールに
「ラッシュガード」を着てもいいのか気になりますよね。

長島スパーランドのジャンボ海水プールでは、
ラッシュガードの着用はOKなのでしょうか?

また、日焼以外に体型隠しなどで、
水着の上からTシャツを着たままでプールに入れる?

長島スパーランドのジャンボ海水プールでの
「服装」についての疑問にお応えします!

Sponsoerd Link

ジャンボ海水プールでの服装(恰好)

ラッシュガードは着てもいい?

日差しが強い時期に海やプールで日焼から
肌を守る為に着る「ラッシュガード」

今では小さなお子様サイズも揃っていますが、
ジャンボ海水プールで着用「可能」です。

本来はサーフィンなどマリンスポーツアイテムでしたが、
今では海以外にもプールなどでもお馴染みになりました。

日焼以外にも体型カバーや、
身体の冷えから守るといった機能があり、
半袖・長袖とあるので好みのものを購入しましょう。

水着はどんなものがいい?ビキニはポロリにご注意!

水着の型やデザインについては特に決まりはないので、
モチベーションがあがる自分のお気に入りを着用しましょう!

しかし、女性は要注意です!
はりきって「ビキニ」を着ていた場合に、
スライダー系プールではうっかり「ポロリ」なんてことも。

スライダー系プールの最後でうっかりポロリと、
ゴール地点は案外と水深が深く焦ってしまうのでご注意を!

Sponsoerd Link

Tシャツや短パン、パーカーは?

水着だけだと恥ずかしいからと水着の上から、
Tシャツや短パンを合わせたいと思う方もいますよね。

着用可能でプールにそのまま入っても大丈夫な様ですが、
プールサイドではかなり浮いて見えるといいます。

女性なら水着とセットになっている様なものがありますが、
そうしたものなら多少違和感はないと思われますが、
バンバンプールに入る場合は浮いて見える可能せいが・・・。

また、Tシャツ着用のままだとスライダー系プールの滑りが悪く、
ラッシュガードも同様に直前で脱ぐハメになる場合もあります。

タトゥー(刺青)が入ってると入場NG?

基本ジャンボ海水プールでは、
タトゥー(刺青)はどんなものに至っても入場禁止です。

テーピングやサポーターで隠すのもNG、
Tシャツやラッシュガードを着用していてもダメとあります。

本当にどこまでNGなのか巡ってみましたが、
念のため肌色のテーピングで隠してから

あらかじめTシャツやラッシュガードを着て、
隠れる場所なら入場している方も多い様です。

衣類から見えちゃってたりすれば
当然入場は断られるので気を付けてくださいね。

プールでの服装

ここまでのまとめの様な感じですが、
ジャンボ海水プール内での服装は基本「水着」ですが、
泳いでいない時にTシャツ短パンやパーカーを着てる人が殆ど

泳ぐ時には邪魔になるので、
休憩所やロッカーなどに入れて置くのがベストです。

ちなみにロッカーは有料ですが、
利用中は何度でも開け閉め出来てその度に
お金がかかるものではありません。

付き添いで泳がない場合などもあると思いますが、
流石にTシャツジーパンという訳にはゆきませんが、
水に濡れてもよい軽装くらいなら大丈夫です。

水着のままで遊園地や湯あみの島は行ける?

長島スパーランドではプール以外にも、
遊園地や温泉施設「湯あみの島」といった
魅力的なスポットがありますよね!

セット券もあるのでついそのまま行けそうな感じですが、
水着のままでは出入りすることは出来ません。

Sponsoerd Link

まとめ

ジャンボ海水プールでの服装は、
いわゆる「水遊びが出来る服装(濡れていい恰好)」

そんなに神経質になる必要はありませんが、
何かと気になる部分かと思います。

ちなみに服装と相まって気になるところで、
アクセサリーや腕時計などがありますが、
プールを傷つけたりする事もあるのでロッカーへ入れましょう。

また、オシャレで入れてしまったタトゥーなど、
なかなかまだ厳しい世の中ですが、
太ももなどに入っている場合は短パンでクリアしてる場合もある様です。

Sponsoerd Link