赤ちゃんも長島スパーランドのプールって連れて行けるの?
ちょっと躊躇してしまったりしていませんか?

もちろん連れて行けるんです!
しかし事前の確認や用意が必要ですよね。

赤ちゃんでも楽しめるプールは長島スパーランドにありますが、
どの様にしたら利用出来るのか、
はたまた休憩する場合などはどこでできる?

今回は赤ちゃん連れで楽しむ
長島スパーランドのプール情報をご紹介してまいりたいと思います!

Sponsoerd Link

赤ちゃん連れなら「スパキッズ」

まだまだ屋外プールでは利用が難しい赤ちゃんの場合は、
屋内プール「スパキッズ」の利用になります。

転倒防止に滑りにくい床材を使っていたり、
デリケートな肌に影響しない殺菌装置によって
安全な真水を使った清潔感のあるところも魅力的。

屋内型なので日焼の心配もなく
水温も約32度(温泉プールは約35度)で、
身体が冷えにくい面でもおすすめです。

細かな配慮がされているので、
保護者の方々にも安心して利用ができます。

赤ちゃんは「水遊び用おむつ」必須

赤ちゃんの場合はどの様にプール遊びをさせるのか?
ここでは「水遊び用おむつ(パンツ)」が必要です。

普通のおむつではご存知の通り水を吸って
膨張してしまう他に排泄物を漏らさないためにも大切です。

水遊び用のおむつはプール園内で売ってる?

うっかり水遊び用のおむつを忘れたり、
事前チェックが足りず知らなかったという場合にはご安心を。

スパキッズの前にある「スイムショップ」で売っていますが、
価格やサイズなどの情報がはっきりしていません。

買い求めたいサイズがあるかどうかとなると不安になるので、
事前にサイズにあったものを用意しておきましょう。

対象年齢はいつまで?

上は小学校3年生までで下は特に対象年齢を設けていません

それというのも保護者同伴であれば、
赤ちゃんでも楽しめる種類のプールを用意しているからです。

しかし、水遊び用おむつが必要なので、
月齢何か月のサイズから出ているか調べてみたところ、
布製などであれば80cm位から出回っている様です。

ただ、布製は緩いうんちは流れ出てしまう可能性があるので、
紙製のおむつの方がその点ではまだガードが出来そうです。

紙タイプの場合はMサイズ(7kg〜)となっているので、
生後6か月の赤ちゃんから楽しめそうです。

なお、同伴出来るのは高校生以上の「保護者」のみ、
対象年齢のお子さんとの入場が許可されています。

そのため、年が離れているお兄ちゃんやお姉ちゃんが
入れないなんてこともあります。

休憩所の場所

プール内には4箇所

スパキッズを含むジャンボ海水プール内には、
4箇所の無料休憩所があります。

最も赤ちゃん連れの方に利便性があるのは、
スパキッズ近くにある「第一休憩棟」です。

スパキッズ自体プール入口近くにあって第一休憩棟もほぼ隣接!
この中では休憩以外も救護室など完備されています。

スパキッズ内での飲食は出来ないので、
食事を取る場合はこちらの利用がおすすめです。

授乳室やオムツ交換も出来て安心!

スパキッズ横に総合窓口があるのですが、
個室の授乳室が3室設けられています。

ミルクを作る時のお湯も完備されているので、
哺乳瓶とミルクを持参しておけば安心です。

冷房も完備されているので、
快適に落ちついて授乳が出来るのもいいですね。

オムツ交換台も設置されているので
何かと安心して利用が出来ます。

ベビーカーは預けられる?

ベビーカーは無料で預ける事ができます!
プール営業時間中のみですが、

プール入口第一休憩棟と隣接している
ナガシマスパドームで預けられます。

Sponsoerd Link

スパキッズの場所や料金

スパキッズの場所は利便性のよい、
プール入口すぐ横にあります。

この周辺は先にもご紹介しましたが、
更衣室など完備しているナガシマスパドーム他、
ファミリー向けの無料休憩棟などが集まっています。

また、スパキッズ入場は別途料金は不要で、
ジャンボ海水プールの料金で利用ができます。

◎ ジャンボ海水プール料金一覧

大人 3,500円
小学生 2,700円
2歳以上 1,500円

Sponsoerd Link

持ちものは?持ち込み制限はある?

スパキッズへの持込みは「必要最低限」のみで、

プール内へはレジャーシートや飲食はもちろん、
ポーチ類などの持込みも禁止しています。

持ち込めて浮き輪やタオル程度の持込みや、
カメラの持込み程度になります。

まとめ

赤ちゃんでも首が座っておすわりが出来るくらいの月齢なら、
水深10cmの「ぴちゃぴちゃプール」や、
パパやママが抱っこした状態なら波プールなどが楽しめるスパキッズ。

子ども用スライダーなどは2歳からの利用になりますが、
赤ちゃんでも水遊びを経験させてあげる事ができます。

楽しい家族のステキな時間に躊躇せず、
赤ちゃんを連れてプールで存分に楽しんでくださいね!

Sponsoerd Link