毎年大人気の隅田川花火大会ですが、
夏の風情を楽しむために、
早い方は数日前から場所取りをするといいますが、
「前日」から徹夜でおさえる人がほとんど。

「今年はいい場所を取りたい!」といった場合、
前日から場所取りを行うコツや方法、
当日でもゆっくり見られる穴場スポットもご紹介します!

Sponsoerd Link

第一会場と第二会場がある

「花火は見れればいいよ」と思っている程度だと
あまり知られていないのですが、
隅田川花火大会は打ち上げ会場が2カ所あります。

それぞれ打ち上げ場所も違ければ、
打ち上がる花火の趣旨や時間もちょっとした違いがあります。
まずはその「違い」から知り、
どう見るか方向性を固めてください。

第一会場と第二会場の違いはこれ!

隅田川花火大会の打ち上げ場所は、

・第一会場:東京都台東区(桜橋下流〜言問橋上流)
・第二会場:東京都台東区(駒形橋下流〜厩橋上流)

隅田川には何本も橋がかかっていますが、
これらの橋の間に打ち上げ場所をおいています。

その違いは・・・

第一会場→注目の花火コンクールの花火を含めて打ち上がる
第二会場→第一会場よりも多い数の花火が打ち上がる

といった打ち上がる花火の内容に違いがあります。

打ち上げ時間と数は?

打ち上がる場所や違いがわかれば
あとは「打ち上がる時間帯」と「花火の数」

第一会場と第二会場では打ち上げ時間が異なり、

第一会場→19:05〜打ち上げ開始予定
第二会場→19:30〜打ち上げ開始予定

第二会場の方が多少遅れてスタートですが、
いずれもフィナーレの時間は「20:30頃」としています。

あわせて打ち上げられる花火の数は、

・第一会場→約1万350発(のちコンクールの花火はおよそ200発)
・第二会場→約1万1,650発

第二会場の方が25分ほど遅れて打ち上げるのに、
数が多いという点ではちょっと出遅れても、
間髪打ち上がる大迫力の花火が楽しめるといったところでしょうか。

好みは人それぞれですので、
お好みの会場をチョイスしてくださいね。

最寄駅はこちら

第一会場の最寄駅一覧
都営浅草駅・東京メトロ・東武鉄道「浅草駅」→徒歩約15分

第二会場最寄駅一覧
都営浅草駅・東京メトロ・東武鉄道「浅草駅」or都営「蔵前駅」→約5分

 

前日から場所取りするコツ

・隅田公園
・汐入公園

他の穴場スポットでは住宅街であったり、
本来なら隅田公園も汐入公園も前日からの場所取りは
実行委員会側でも禁止してます。

とはいっても実際前日から場所取りしているのが殆ど、
ガムテープや重石などでシートを固定しても、
無人だと見回りの方に撤去されてしまいます。

他にもカラースプレーやチョークでマーキングするのも絶対NG!
せいぜいシートを敷いて居座る位で挑んでください。

植え込み柵や防護柵を超えたり、
民家の立ち入りはNG!

また、過剰に場所を取るのではなく、
適度なスペースのみの確保として他の方と和やかに、
且つ節度を保ち楽しく花火を楽しみましょう。

単独よりも2人

場所取りは敷物で確保しますが、
1人だとなかなかトイレに行けなかったり、

食事も満足に取れなかったり、
はたまた防犯の面でもあまりおすすめしません。

シートを敷いて置けば大丈夫!と思いきや、
不在の場所ではシートを撤去されてしまうこともあるので、
最低「2名体勢」で動くと無理がなさそうです。

Sponsoerd Link

人気の隅田公園と汐入公園は何時から?

第一も第二も見えると大人気の隅田公園は、
競争率もかなり高く花火当日の朝9時には一杯ということもあります。

徹夜は出来ないけど早朝からの場所取りはしたい!
そんな方は朝の7時くらいから可能な様子。

始発で向うか駐車可能場所で車内待機から夜明けを待って
場所取りと行った感じになりそうです。

少し会場から離れていても人気のある「汐入公園」では、
実はそれほど激戦区ではなく前日から場所取りする人はおらず、
当日の夕方からでかけても座って楽しむ事ができます。

必要なものは?

場所取りにあるとよいものとして、
以下をピックアップしました。

・ブルーシートなど敷物
・虫よけスプレーや虫さされ用の薬
・日よけ(帽子など)や日焼止め
・携帯雨具(ポンチョやカッパがおすすめ)
・懐中電灯
・ゴミ袋(ゴミ放置はNG!各自持ち帰り必須です)
・ウェットティッシュ
・携帯用急冷剤(叩くと冷える保冷剤。熱中症対策に)
・飲物(近くにコンビニがあれば不要)

といったものが主に取り上げられています。

キャンプではないのでタープや簡易テントなどは
持ち込まないでくださいね!

場所取り中のトイレ事情、場所は?

場所取り中はトイレの場所は
事前に考えておかないといけませんよね!

真夏の暑い炎天下の下では水分補給は必須ですし、
生理現象でもあるのでこれだけは間逃れません。

そこで、隅田公園と汐入公園のトイレの位置を
地図上にマッピングしたので、ぜひお役立て下さい。

また、公衆トイレと結構な人の利用があるので、
流せるポケットティッシュやトイレットペーパーのご用意もお忘れなく。

隅田公園のトイレの場所
台東区側と墨田区側に分かれて公園が広がり、
墨田区側は1箇所のみです。

汐入公園のトイレの場所
汐入公園内は多目的トイレが豊富です。

画像元:https://www.city.arakawa.tokyo.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見える場所・範囲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隅田川花火大会を間近で見る以外に、
「少し離れてゆっくり見よう」という方も少なくないと思います。

小さなお子さん連れなら大きな音で
びっくりしてしまう事もあったり、

大混雑で楽しめなくてがっかりなんて
カップルさんはちょこっと離れた場所で見るのもオツなものです。

そこで、隅田川花火大会が見える場所や範囲といえば
いわゆる「穴場スポット」なんて呼ばれてますね!

近年高い建物がどんどん増えてしまい、
「今までだったら見えてたのに・・・」
という方もいらっしゃると思います。

隅田川花火大会の迫力はさておき、
「遠くでも見えるよ!」という声に多いのが、

・「南千住」や「京成関屋駅」「京成八広駅」下車の荒川の土手沿い
・「錦糸町公園」
・  芝浦ふ頭やお台場付近

と比較的広範囲で見えるものとしていますが、
「周辺が開けている」といことから、
遠くても見えると言われています。

Sponsoerd Link

おすすめ穴場スポット5選(地図あり)

水戸街道向島5丁目バス停周辺(両方見れる)

第一・第二それぞれの花火が見える穴場スポットで、
花火が打ち上がる夕方には歩行者に解放される区域もあり、
基本は地元が多いスポットです。

桜橋中学校周辺(両方見れられる)

隅田川沿いにあるスポットで、
こちらも第一・第二それぞれの花火が見られ、
そこそこゆっくり見る場所を抑えられる場所です。

東白鬚橋公園 (第一会場)


汐入公園よりも第一会場に近いスポット、
他にはないござ無料貸し出しが例年あって、
花火もよく見えるとポイントの高い穴場スポットです。

浅草寺(第二会場)

意外や見落とされがちスポットの浅草寺。
広い境内から第一会場の花火が見られ、
合わせて比較的混雑が緩く帰路がラクなスポットです。

平井運動公園(荒川土手)


荒川沿いの開けた公園で酷く混雑せず、
スカイツリーと花火を合わせ見る事も出来ると評判です!

まとめ

隅田川の花火大会は前日から場所取りする場合には、
1人ではなく複数で陣取る事が最大のポイント!

本来は前日入りは禁止されている事で、
それでもどこか暗黙の了解の様になっている部分もありますが、

他ゴミや立ち入り禁止区域内に入らないといった
最低限のマナーは守って花火を楽しみましょう。

Sponsoerd Link